最終更新日 2021/07/15

キャリアのある人が未経験職種に応募しないほうがよい理由

SNSでシェア

キャリアのある人が未経験職種に応募しないほうがよい理由

未経験での応募可の求人情報は多数あります。その職種は様々です。また、未経験で応募しようとする方もその理由は様々です。例えば、アルバイト経験しかないので正社員を目指す為、未経験職種に応募する、ということは最初は通らなければならない道かと思いますので仕方ないかと思います。また、正社員の経験はあるが、どうしてもその職種に挑戦したいのでこれまでのキャリアを捨てて挑戦するという方は、自己実現がそこにあるのでその場合も仕方ないでしょう。しかしながら、今やっている仕事で嫌になったので、職種を変えようと思っているという場合や、何らかの前向きではない理由で未経験の職種にキャリアチェンジしようと考えている方は、ぜひ注意して頂きたいと思います。

未経験での応募というのは、「経験考慮」と記載されていたとしても、大前提は未経験です。中途採用市場における未経験採用というのは、その企業の提示する給料水準の中でも最低水準であることが前提条件になるでしょう。判断するのは相手なのですが、それまでどのようなキャリアを持っていても、応募する会社において未経験と判断されたら提示されるのは、最低水準の給与条件となります。

未経験職種に応募していながら、これまでの経験があるからとか、年齢が高いからとかという理由で、できれば今までと同じくらいの給料を頂きたいという人がいます。未経験職種に応募している時点でこれまでの条件がそのまま適用されることはないと考えていた方が良いでしょう。

それまでのキャリアを持っている人は、基本的には未経験職種への挑戦というのはやめたほうがよいでしょう。何らかの理由でそのように考えてしまうというのは分かりますが、未経験に挑戦するというのはうまくいけばプラスになりますが、スタート時点では、これまでの経験をゼロにリセットすることになってしまいます。せっかくこれまでキャリアや経験を積み重ねてきたにもかかわらず、これまでの経験を自らゼロにしてしまうのは非常にもったいないと考えています。

「自分はこれまでの経験でキャリアと言えるようなものはない」という人がわりと多くいます。

そんなことはありません。どんな人でもそれまで経験してきたことは必ず自分自身のノウハウになっているはずです。それを認識していないだけです。これまでの経験の上にキャリアを築いていけるよう、自分自身の分析をしっかりと行ってから、転職活動を進めてください。
このような方はこちらを読んでみてください。
職務経歴書を作る前にキャリアの棚卸しをするための100の質問

SNSでシェア
最新の記事